おまとめを金利を下げるために利用

おまとめ

おまとめローンと聞くと複数のローンを一本化するために利用すると思われる方が多いでしょうが、私の場合は金利を下げるために利用しました。消費者金融2社から50万円ずつ借りていたのですが、年率は18.0%と利息制限法の限界金利です。毎月の返済はそれほど大変ではありませんが、金利が高いので乗り換えしようと思ったわけです。

 

そこで選択肢としたのが、信用金庫のおまとめローンでした。信用金庫のローンはあまり人気がありませんが、金利は銀行に負けないほど低いのです。金利設定がわかりやすいのも特徴で、借入額に関係なく同率金利を設定している金庫が多いのもメリットでしょう。
利用したのは地元の信用金庫で、年率12.5%と非常に低い金利を設定しており、おまとめしたい旨を伝えたら、あっさり融資してくれました。借り換えにより金利が大幅に下がって返済が楽になり、返済の手間も軽減しました。初めて消費者金融のローンを利用したときは、10万円からスタートしたので金利に悩むことはありませんでしたが、さすがに2社から計100万円の借り入れをするようになると金利が非常に高く思えてきます。信用金庫のローンに乗り換えたことで、毎月の負担額が減って繰り上げ返済にも回せるようになりました。

 

予定より多めに返済することで、返済期間も短縮されるなどいいこと尽くめです。
おまとめローンに必要な条件は総量規制の対象外であることですが、信用金庫のローンはすべて総量規制の対象外になっていました。